イルカの人間との関わり
イルカの人間との関わり

イルカの人間との関わり

イルカは種類によっては、人間の生活する近くに棲むこともあります。そのこともあって、人間社会にイルカが関わることもたびたびあります。

現状では人間は自分たちの都合に合わせてきたので、イルカのことを考えてつきあう、というものではありません。イルカたちはどのように人間と関わってきたのでしょうか。


イルカの生態系の変化

3000年前から揚子江で生息してきた、ヨウスコウカワイルカは2006年の調査で絶滅したのではないか、といわれています。この絶滅宣言は人類始まって以来なのだそうです。原因は川の汚れ、餌になる魚が少なくなったなどが挙げられています。


動物に対する優劣

人間はとにかく動物に対して優劣をつけがちです。頭が良い動物だから保護をしようとか、役に立たないものは助けても意味がないとか。イルカだからとか犬だからとか、誰が判断できるのでしょう。

人間にとって役に立たないように見えても、動物の餌として役に立つこともあるのです。人間の勝手な判断によって地球全体が変化しつつあります。


人間社会による、イルカの影響

イルカの捕獲、混獲

イルカの捕獲は、日本では食糧として根付いてきた地域もあります。しかし、食料が豊富になった現代としては、もう一度見直す時期なのではないでしょうか。

イルカの捕獲・混穫についての詳細はコチラ

イルカの集団座礁

イルカの座礁する原因は必ずしも自然による影響ばかりではありません。集団座礁の原因やどのように対処していくのかをお話しします。

イルカの集団座礁についての詳細はコチラ

軍用イルカとは

イルカはその能力を活かして軍事利用もされています。なぜ、どのように利用されているのかを紹介します。

軍用イルカについての詳細はコチラ

食用としてのイルカ

イルカを食べてきた人たちにとって、イルカはどんな存在だったのでしょうか。イルカを食べるということについてお話しします。

食用としてのイルカについての詳細はコチラ

▲ ページの上に移動



ホームイルカはこんな動物イルカの面白い生態|イルカの人間との関わり|イルカとの共存イルカコラムリンク集

このページをブックマークする
このサイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいてかまいません。
Copyright (C)2008 イルカの気持ち All Rights Reserved.